審査のお申込みをしてからキャッシングが行えるまでの流れ

キャッシングを行ったことがないと、お申込みからそれを行えるまでの工程が理解しにくいかと思われます。まず、確認して頂きたいのは、至急お金を受け取りたいのか、否かです。

どちらの場合であるかによって、お申込み時からお金を受け取れるまでの工程が変わり、利用するサービスの選択にも違いが出てきます。

最初に至急でなくても構わない場合ですが、この場合はインターネット上で契約を行うとよいでしょう。

パソコンをはじめ、スマートフォン、携帯電話でも契約を行うことが可能です。

では、この場合の流れについて見ていきましょう。

工程としては大きく分けると5段階となっていて、最初は、インターネット上から審査のお申込みをします。

次に、審査の合否がキャッシング会社から伝えられ、合格の場合にはその後、本人を確認する為の書類を提出し、確認が取れ次第、指定した銀行口座への振込が行われます。

振込が行われた後は、キャッシングのカードと契約書類が自宅へ送られてくるといった流れです。

この方法を用いた場合にネックとなってくるのがお金を受け取れるのが次の日以降にずれ込む可能性があるといった点です。

キャッシング会社で指定された口座を持っていれば時間に関係なく振込が行われることも考えられますが、持っていない場合は次の日以降となる可能性もあり得ます。

また、キャッシングのカードと契約書類が自宅へ送られてくることで、家の誰かに知られてしまうことも考えられますので、それを避けたい場合は、無人契約機或いは店舗で契約を行い、すぐにカードを受け取るようにしましょう。

当日中にキャッシングを行いたい方が絶対に確認しておくべきこと

つづいて、至急お金を受け取りたい方ですが、絶対に確認しておいてほしいことがあります。

それは、契約は無人契約機で行い、契約機内ですぐにカードを受け取るということです。

この方法が最も早くお金を受け取れるものとされていて、尚且つ誰にも知られることのない方法だと言われています。

早速その工程を見ていくと、まず、インターネット上から審査のお申込みをし、その後、審査の合否を知らされるといったところまでは先ほどと同じです。

ただ、今回の場合は、合否を知らされた後に無人契約機にて契約を行い、キャッシングのカードを受け取るという点が先ほどとは異なります。

そして、カードを受け取り次第、キャッシングが行えるといった流れです。

至急、お金を受け取りたい或いは、お申込みしたその日のうちにお金を受け取りたいという方は、無人契約機にて契約を行う必要があり、カードだけ受け取ってしまえば時間や場所に関係なくキャッシングが行えるので、キャッシングをより便利なものとすることができます。

さらに、契約関係の書類が自宅に送られてこないことで、家の人に知られないという利点もこの方法には存在するのです。

インターネット上で契約を行う場合とは異なり、無人契約機へ足を運ぶ必要はあるものの、インターネット上での審査がスタートしてからキャッシングのカードを受け取るまでに要する時間は最も早い方でおよそ90分とされていますので、便利であるのは間違いないでしょう。

また、その際に意識して頂きたいのが、インターネット上で審査を完了させ、その後無人契約機へ向かうといった点であり、逆に無人契約機で審査のお申込みをしてしまうと審査の際中は無人契約機の中に閉じ込められることになるため、精神的にもきつくなってくるのです。

さらに、当日中にお金を受け取ることを考えた場合に重要となってくるのが、無人契約機の設置数となります。

詳細につきましては、“審査が早く終わるとされているキャッシング会社は?”に掲載しておりますが、無人契約機が存在しないと当日中にカードも受け取れませんし、審査の合格後に自宅周辺に無人契約機が存在しないことが分かってもどうにもならないため、事前のチェックが重要となってきます。

当日中にキャッシングが行える会社ではプロミスが人気のようです。

プロミスの場合は、三井住友銀行の無人契約機も利用することができ、国内で2,300以上もの契約機が存在するため、皆さんの自宅周辺にも1台はあることでしょう。

最も早い方だと30分で審査が完了する点から、インターネット上で審査のお申込みをし、それから、無人契約機で契約とカードの受け取りを済ませば、好きな時にキャッシングを行うことが可能です。

ちなみに、自動契約機の台数としては、プロミスが1番となっています。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

即日キャッシング人気コンテンツ

a1a2 a3a4
サブコンテンツ

このページの先頭へ