限度額は増やすことも減らすことも可能

限度額は増やすことも減らすことも可能ですが、増やすためには長期にわたる実績が必要です。返済期日が遅れたり、期日通り返済していても無計画な借り入れをしたりしては、限度額引き上げの審査には通りません。反対に、計画的に借り、計画的に返すことを継続していれば、審査も通りやすく、融資額の増額も期待できるかもしれません。
消費者金融系カードローンの場合、年収の3分の1までという総量規制の範囲内の限度額が適用されるので、借り入れしすぎるという心配は無用かもしれません。
一方銀行系のカードローンの場合、総量規制は適用されないため、年収の3分の1以上の借り入れが可能ですが、自身で返済できるのかどうか、自身で慎重に判断しなければならないでしょう。
限度額は増額することも可能であれば減額することも可能です。多額の借り入れを防ぐ意味で減額することも有効な手段となり得るでしょう。
返済を延滞したり、無目的、無計画な借り入れを続けたりすると限度額は引き下げられてしまいます。そういう事態に陥らないためにも、借り入れる際に計画をたてて返済にあたることが必要でしょう。

希望金額の調整で審査を通過できる?

カードローンでいくらぐらいの融資を受けようと考えているのかによって、審査の厳しさも変わってきます。
審査内容で測っているのは「返済能力」です。
返済をするためには一定の収入が必要ですから、アルバイトか社員かといった勤務形態、この先も収入を得るために仕事を続けていけるのかといった勤続年数が審査されるのはつ当然です。
しかし、融資の限度額を低めに設定しておけば、勤務形態がアルバイトであっても、勤続年数が少なくても、返済できると判断され審査も通過できるのです。
自身の返済能力だけではなく、家族の収入がある程度あれば審査に通ることも、定職についていなくても一定の資産があれば通ることもあるようです。
もちろん融資の限度額を高めに設定するのであれば、それだけの返済能力が必要なので審査は厳しくなります。

金融系のカードローン

金融系のカードローンは総量規制が適用されますが、銀行系カードローンには、年収の3分の1以下という総量規制は適用されません。
それはどこの銀行系のカードローンでも銀行系であれば同じです。しかし融資に伴う審査の基準は銀行によって異なります。審査基準は年収、資産などですが、そのうち何をどのように重視するかは銀行の方針によって異なってきます。銀行系の場合、審査は直接行われるのではなく別の保証会社に委託されることが多いようです。
審査基準は銀行によって異なりますが、一般的にどの銀行でもその銀行に預金を持っているほうが審査が通りやすいようです。
銀行系のカードローンで、どの銀行にするか迷う場合は、特別な事情がない限り口座をお持ちの銀行のカードローンを申し込まれるのがスムーズに借り入れができるポイントかもしれません。

口コミが一番参考になる

キャッシング審査に通らないことには理由があります。
法律に照らし合わせて審査基準に満たないとするのが一般的ですが実際は、債務状況を判断して不可とした、あるいはブラックリストに該当ありといった場合もあるでしょう。
審査に落ちた場合、信用情報センター履歴に貸し付け不可と記載されます。
審査に落ちることは今後の審査に不利に働く場合も懸念されます。
審査に落ちることはあまり良くはないのです。
不安に感じる方は融資申し込みする前に匿名審査を利用しましょう。
複数の消費者金融審査を受けることが可能です。
少額ならば無利息ローンで十分ですが、現金がどうしても必要ならクレジットカードの現金化も有効な手段です。
ただ、消費者ローンなら低金利で即時融資を受けることも可能です。
審査に不安がないのなら銀行ローンが最も金利が低くく、利用するなら銀行でしょう。
また、銀行ローンの実績は他の融資審査にプラスに働く場合があります。
金融関連をまとめたサイト・掲示板。消費者金融ランキングなども参考するとイイでしょう。
口コミ情報ほど利用者の生の声を通じて、サービスの全貌を窺い知れるものはありません。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※30日間利息ゼロにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

即日キャッシング人気コンテンツ

a1a2 a3a4
サブコンテンツ

このページの先頭へ